News

New Sep. 30, 2021
“Non-stationary analysis of wind-driven, nearshore currents and beach erosion changes in Nangoku construction area of Kochi coast caused by 24 storms from 2011 to 2019” was published.
「2011年から2019年の24ストームによる高知海岸南国工区の非定常吹送流・海浜流・海浜変形解析」が発行されました。

Sep. 22, 2021
For prospective students for Advanced Seminar in 2022
2022年度専門演習の履修予定者へ

All news


About

Takahashi Laboratory at   Faculty of Societal Safety Sciences,   Kansai University

We conduct disaster prevention and reduction research on water related disasters such as tsunamis, storm surges and floodings. We are also groping for ways to use machine learning for disaster research. In addition, we consider environmental issues as long-time-scale disasters, and conduct research on renewable energy (hydropower) and coral reef restoration.

関西大学 社会安全学部 高橋研究室

津波や高潮、洪水などの水に関連した災害を対象とした防災・減災を研究しています。また、機械学習を災害研究に利用する方法を模索中です。さらに、環境問題を時間スケールの長い災害と捉えて、再生可能エネルギー(水力発電)やサンゴ礁再生なども研究しています。


History

Our laboratory was established in April 2010. We started out under the name of Hydrosphere Disaster Laboratory, because the main research objectives were water related disasters and environmental issues at the beginning. However, since then, we have covered data science and application development, and our research has expanded into a wide range of field related to safety and security. Therefore, in April 2020, the 10th anniversary of our founding, we change the name to Takahashi Laboratory to cope with more diverse researches.

本研究室は2010年4月に設立されました。当初は水に関連した災害と環境問題が主な研究目的であったため、水災害研究室という名称でスタートしました。しかし、その後、データサイエンスやアプリ開発なども行うようになり、安全・安心に関する幅広い分野に研究が発展してきました。そこで、設立10周年を迎えた2020年4月に、より多様な研究に対応するため、高橋研究室に改名しました。