Research

Reseach stories - 研究紹介
Reseach topics - 研究テーマ
Publications - 学術論文
Lectures - 学会発表・講演等
Tsunami Source Estimation Database Based on Tsunami Deposits - 津波堆積物に基づく津波波源推定データベース
津波解析ハッカソン
Tsunami Mitigation Research Portal Site - 津波防災研究ポータルサイト
tsunami-japan メーリングリスト


Reseach stories - 研究紹介


Reseach topics - 研究テーマ


Lectures - 学会発表・講演等

2021   2020   2019   2018   2017   2016   2015   2014   2013   2012   2011   2010

Lectures in 2021

  1. 関西大学のSDGs-再生可能エネルギーを利用したサンゴ礁再生の試み-,高橋智幸,日経SDGsフェス大阪梅田,オンライン,2021年2月15日
  2. 関西大学におけるSDGsの取り組み,高橋智幸,山田高等学校,吹田市,2021年1月20日
  3. サンゴ群集再生技術,鶴田浩章,上田正人,高橋智幸,米津大吾,第25回関西大学先端科学技術シンポジウム,オンライン,2021年1月28-29日

Lectures in 2020

  1. 津波波源の不均質性による津波高分布の複雑さに関する数値実験,高橋智幸,国内外における海洋レーダ情報の利活用高度化戦略に関する研究集会,オンライン,2020年12月3日
  2. 関西大学におけるSDGsの取り組み,高橋智幸,吹田東高等学校,吹田市,2020年11月19日
  3. 陸上構造物へ作用する津波波圧,吉田修平,津波解析ハッカソン,オンライン,2020年9月1-3日
  4. 巨大地震津波を対象とした津波統合モデル解析の展開〜非地震性津波を見据えた検討〜,高橋智幸,IRIDeS金曜フォーラム,オンライン,2020年7月20日
  5. 津波防災研究よもやま話 〜東日本大震災での津波被害を踏まえて〜,高橋智幸,第1回東海・東南海・南海地震津波研究会,招待講演,大阪市,2020年1月27日
  6. 東日本大震災以降の津波防災研究の概要,高橋智幸,原子力規制庁職員向け勉強会,招待講演,東京,2020年1月20日

Lectures in 2019

  1. 津波解析ハッカソン in 小豆島,高橋智幸,第9回巨大津波災害に関する合同研究集会,大阪市,2019年12月19日
  2. 南海トラフ巨大地震を見据えた津波防災研究の最前線 ー東日本大震災での津波被害を踏まえてー,市民防災フォーラム2019 in Osaka,招待講演,大阪市,2019年11月16日
  3. 東日本大震災での津波被害を踏まえた津波防災研究の最前線,関西ライフライン研究会,第122回定例研究会,招待講演,大阪市,2019年8月23日
  4. Feasible study for predicting tsunami height by using oceanographic radar installed in Wakayama prefecture, Shuji Seto, Tomoyuki Takahashi, Hirofumi Hinata, Ryotaro Fuji and Fumihiko Imamura, Asia Oceania Geosciences Society 16th Annual Meeting, OS18-A049, Singapore, August 1, 2019
  5. 市民が主役の洪水対策を考える ー西日本豪雨での洪水被害を踏まえてー,高橋智幸,南大冠公民館地域連携減災講座,招待講演,高槻市,2019年7月28日
  6. 巨大地震津波を対象とした津波統合モデル解析の利活用,高橋智幸,IRIDeS金曜フォーラム,仙台市,2019年7月20日
  7. Coupled non-hydrostatic flow and sediment transport model for investigation of coastal morphological changes caused by tsunamis, Kei Yamashita, Yoshiki Yamazaki, Bai Yefei, Tomoyuki Takahashi, Fumihiko Imamura and Kwok Fai Cheung, the 27th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, JP05p-061, Montreal, Canada, July 13, 2019
  8. Numerical Experiment of Tsunami Sand Deposits Affected by Fault Conditions in a Simple Topography, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi and Kenji Harada, the 27th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, IUGG19-1816, Montreal, Canada, July 13, 2019
  9. 高知県広域における南海トラフ巨大地震の津波による土砂移動影響の潜在性評価,山下啓,菅原大助,門廻充侍,有川太郎,高橋智幸,今村文彦,2019年日本地球惑星科学連合大会,HDS13-16,千葉市,2019年5月29日
  10. 土砂移動モデルを用いた断層パラメータと配置による津波堆積物形成に関する数値実験,山本阿子,高橋智幸,原田賢治,2019年日本地球惑星科学連合大会,HDS13-15,千葉市,2019年5月29日
  11. サンゴ成長促進を目的とした海底設置型水力発電システムに関する基礎検討,高橋智幸,第23回関西大学先端科学技術シンポジウム,吹田市,2019年1月24日

Lectures in 2018

  1. 深層学習による津波波源推定の実現可能性,高橋智幸,第8回巨大津波災害に関する合同研究集会,東京,2018年12月21日
  2. シナリオによって変化する津波・水害シミュレーション情報の適切な提示手法に関す る研究,牧紀男,馬場俊孝,高橋智幸,柄谷友香,川崎浩司,キム・ミンスク,地域安全学会研究発表会(秋季),静岡市,2018年11月3日
  3. 東日本大震災後の津波防災研究,高橋智幸,関西大学社会空間情報科学研究センター社会基盤WG,招待講演,吹田市,2018年9月22日
  4. 最近の水害から岡山の洪水対策を考える,高橋智幸,関西大学特別講演 ―岡山の自然災害を考える― ,招待講演,岡山市,2018年9月15日
  5. Fundamental study on influence of tsunami source heterogeneity on tsunami height distribution along a coast, Tomoyuki Takahashi, the 36th General Assembly of the European Seismological Commission, ESC2018-S35-130, invited, Valletta, Malta, September 6, 2018
  6. 津波統合モデル解析の高度化,高橋智幸,IRIDeS金曜フォーラム,仙台市,2018年7月21日
  7. Hydraulic Experiment on Spatial Distribution of Tsunami Deposits and Hydraulic Characteristics of Tsunami, Kenji Harada, Tomoyuki Takahashi, Ako Yamamoto, Masaaki Sakuraba, Kazuya Nojima and Junpei Mineta, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A036, Honolulu, USA, June 6, 2018
  8. Numerical Experiment on Validation of Tsunami Sediment Transport Model for Various Sand Grains Using Hydraulic Experiment Data, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A021, Honolulu, USA, June 6, 2018
  9. Examination for Moment Magnitude of the Small Tsunami Observable by Oceanographic Radar Installed in Wakayama Prefecture, Shuji Seto, Tomoyuki Takahashi, Hirofumi Hinata, Ryotaro Fuji, Fumihiko Imamura, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A020, Honolulu, USA, June 6, 2018
  10. Numerical Simulation of Tsunami Induced Sediment Transport Considering Saturation Concentration in Suspension with Strong Unsteady Flow, Kei Yamashita, Daisuke Sugawara, Taro Arikawa, Yoshinori Shigihara, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A019, Honolulu, USA, June 6, 2018
  11. Feasibility Study on Tsunami Source Estimation from Observed Water Level Change by Machine Learning, Tomoyuki Takahashi, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A005, Honolulu, USA, June 6, 2018
  12. Development of the Tsunami Observation and Prediction System Using Ocean Radar and Others at Hamaoka NPS, Yoshihito Tanaka and Tomoyuki Takahashi, Asia Oceania Geosciences Society 15th Annual Meeting, IG03-A002, Honolulu, USA, June 6, 2018
  13. 浜岡原子力発電所における津波監視システムの開発:海洋レーダの性能評価と津波予測,田中良仁,上原史洋,日向文博,高橋智幸,藤良太郎,林健次,2018年日本地球惑星科学連合大会,SCG67-11,招待講演,千葉市,2018年5月24日
  14. 水理実験データから得られた粒径と反射波による津波堆積物への影響に関する数値実験,山本阿子,高橋智幸,原田賢治,櫻庭雅明,野島和也,2018年日本地球惑星科学連合大会,HDS10-28,千葉市,2018年5月24日
  15. 津波堆積物に基づく波源推定データベースの紹介,高橋智幸,川崎浩司,平田賢治,2018年日本地球惑星科学連合大会,HDS10-27,千葉市,2018年5月24日
  16. 津波防災研究ポータルサイトの紹介,高橋智幸,2018年日本地球惑星科学連合大会,HDS10-07,招待講演,千葉市,2018年5月24日
  17. Estimation of variance of measured tsunami height distribution based on field survey following the 2011 Tohoku earthquake tsunami, Tomoyuki Takahashi, European Geosciences Union General Assembly 2016, EGU2018-5026, Vienna, Austria, April 9, 2018
  18. サンゴ礁再生を目的としたマイクロ水力発電システム,高橋智幸, 第22回関西大学先端科学技術シンポジウム,吹田市,2018年1月19日

Lectures in 2017

  1. Development of method for evaluating estimated inundation area by using river flood analysis based on multiple flood scenarios, Teppei Ono and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2017, NH43B-02, New Orleans, USA, December 14, 2017
  2. Numerical experiment on tsunami deposit distribution process by using tsunami sediment transport model in historical tsunami event of megathrust Nankai trough earthquake, Kentaro Imai, Daisuke Sugawara and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2017, NH23A-0228, New Orleans, USA, December 12, 2017
  3. Hydraulic experimental investigation on spatial distribution and formation process of tsunami deposit on a slope, Kenji Harada, Tomoyuki Takahashi, Ako Yamamoto, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima, AGU Fall Meeting 2017, NH23A-0226, New Orleans, USA, December 12, 2017
  4. Estimation of the Characterized Tsunami Source Model considering the Complicated Shape of Tsunami Source by Using the observed waveforms of GPS Buoys in the Nankai Trough, Shuji Seto and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2017, NH23A-0203, New Orleans, USA, December 12, 2017
  5. Hydraulic experiment on formation mechanism of tsunami deposit and verification of sediment transport model for tsunamis, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima, AGU Fall Meeting 2017, NH13B-03, New Orleans, USA, December 11, 2017
  6. 和歌山県に設置された海洋レーダを用いたリアルタイム津波成分抽出法の検討とその適用例,門廻充侍,藤良太郎,日向博文,高橋智幸,第7回巨大津波災害に関する合同研究集会,仙台市,2017年12月8日
  7. 津波堆積物形成に関する土砂移動モデルの検証〜移動床水理実験による単一粒径砂と混合砂の再現〜,山本阿子,高橋智幸,原田賢治,櫻庭雅明,野島和也,第7回巨大津波災害に関する合同研究集会,仙台市,2017年12月8日
  8. Basic concept and design of database on tsunami sources estimated from tsunami deposits in the Pacific coast of the Tohoku District in Japan, Tomoyuki Takahashi, Koji Kawasaki, Daiske Sugawara and Kenji Hirata, International Tsunami Symposium 2017, Bali, Indonesia, August 22, 2017
  9. Numerical Simulation of Composite Tsunami Hazards using Integrated Tsunami Model -Tsunami Inundation, Sediment Transport and Drifting Ships in Kesennuma City, Miyagi Prefecture during the Great East Japan Earthquake-, Kei Yamashita, Yoshinori Shigihara, Daisuke Sugawara, Taro Arikawa, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, International Tsunami Symposium 2017, Bali, Indonesia, August 22, 2017
  10. 水害を知り,そして備える ―過去の被害に学ぶ―,豊中市水防シンポジウム,招待講演,豊中市,2017年7月7日
  11. Estimation of the Characterized Tsunami Source Model by Using the observed waveforms of GPS Buoys in the Nankai Trough, Shuji Seto and Tomoyuki Takahashi, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, HDS12-P05, Chiba, Japan, May 25, 2017
  12. Basic hydraulic experiment on tsunami sand deposits related with sand grain size and bore wave, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima, JpGU-AGU Joint Meeting 2017, MIS09-073, Chiba, Japan, May 23, 2017
  13. 津波シミュレーションの最前線~多様な被災形態を予測する~,関西大学社会安全学部連続セミナー,招待講演,東京,2017年5月18日
  14. 津波統合モデルによる津波複合被害の再現シミュレーション -東日本大震災の宮城県気仙沼市で起こった津波に伴う土砂移動と船舶漂流-,山下啓,鴫原良典,菅原大助,有川太郎,高橋智幸,今村文彦,第26回海洋工学シンポジウム,OES26-059,東京,2017年3月6日
  15. DSMデータを用いた建物倒壊と災害がれきを考慮した津波数値解析,小園裕司,高橋智幸,桜庭雅明,野島和也,第26回海洋工学シンポジウム,OES26-026,東京,2017年3月6日
  16. 南海トラフ巨大地震対策の現状と課題~東日本大震災の津波被害を踏まえて~,高橋智幸,近畿不動産鑑定士協会連合会・大阪府不動産鑑定士協会,招待講演,大阪市,2017年1月31日
  17. マイクロ水力発電技術を利用したサンゴ成長促進に関する基礎的検討,高橋智幸,第21回関西大学先端科学技術シンポジウム,吹田市,2017年1月20日

Lectures in 2016

  1. Hydraulic experiment on tsunami sand deposits relating with grain size distribution and magnitude of incident waves, Ako Yamamoto, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada and Kazuya Nojima, AGU Fall Meeting 2016, NH43B-1849, San Francisco, USA, December 15, 2016
  2. Modeling of Grain Size Distribution of Tsunami Sand Deposits in V-shaped Valley of Numanohama During the 2011 Tohoku Tsunami, Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2016, NH43B-1839, San Francisco, USA, December 15, 2016
  3. Activity history of giant earthquakes bring crustal movements and huge tsunamis -A case of the 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake (M 9)-, Tsuyoshi Haraguchi, Shoichi Shimoyma, Toshiro Yamanaka, Yuichi Yoshinaga and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2016, NH41A-1769, San Francisco, USA, December 15, 2016
  4. Tsunami-induced morphological change of a coastal lake: comparing hydraulic experiment with numerical modeling, Daisuke Sugawara, Kentaro Imai, Yuta Mitobe and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting 2016, NH34A-08, San Francisco, USA, December 14, 2016
  5. Development of Tsunami Numerical Model Considering the Disaster Debris such as Cars, Ships and Collapsed Buildings, Yuji Kozono, Tomoyuki Takahashi, Masaaki Sakuraba and Kazuya Nojima, AGU Fall Meeting 2016, NH34A-01, San Francisco, USA, December 14, 2016
  6. 東日本大震災を踏まえた今後の津波防災・減災のあり方,高橋智幸,津波防災・減災技術シンポジウム~海洋レーダの常時活用から津波モニタリングまで~,招待講演,大阪市,2016年11月4日
  7. 津波により陸上斜面上に形成される堆積砂分布に関する水理実験,原田賢治,高橋智幸,野島和也,第36回地震工学研究発表会,金沢市,2016年10月18日
  8. 津波氾濫・土砂移動・漂流物移動の平面2次元統合モデルによる津波複合被害の再現計算 -東日本大震災の宮城県気仙沼市への適用-,山下啓,鴫原良典,菅原大助,有川太郎,高橋智幸,今村文彦,第35回日本自然災害学会学術講演会,静岡市,2016年9月21日
  9. 多数洪水シナリオを用いた最適な破堤間隔に関する数値計算,大野哲平,高橋智幸,平成28年度土木学会全国大会,仙台市,2016年9月7日
  10. 津波波源内の断層運動に伴う海面擾乱に関する水理実験および数値計算,藤原岳大,坂本匡史,高橋智幸,平成28年度土木学会全国大会,仙台市,2016年9月7日
  11. Tsunami source of the 2014 Iquique, Chile, earthquake and the tsunami potential on the North Chilean Coast, Yoshihiro Okumura, Tomohiro Takagawa and Tomoyuki Takahashi, Civil Engineering Conference in the Asian Region, Honolulu, USA, August 31, 2016
  12. Modeling of grain size distribution of tsunami sand deposits in V-shaped valley of Numanohama during the 2011 Tohoku tsunami, Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi, Japan Geoscience Union Meeting 2016, Chiba, Japan, May 26, 2016
  13. 天然ゼオライトと酸化チタン粉末を用いたモルタル基盤材料の電気抵抗率と配合,勝間田成,鈴木信一郎,徳重英信,高橋智幸,第70回セメント技術大会,No.1219,東京,2016年5月10日
  14. Basic hydraulic experiment on the saturated concentration of suspended load due to tsunamis, Tomoyuki Takahashi and Shiho Somekawa, European Geosciences Union General Assembly 2016, Vienna, Austraria, April 21, 2016
  15. 東日本大震災の反省,そしてこれからの津波防災,高橋智幸,気仙沼市防災フォーラム~津波防災研究の最前線~,招待講演,気仙沼市,2016年1月28日
  16. Tsunami mitigation measures menu, Tomoyuki Takahashi, Joint Symposium on Tsunamis of the Sixth Chile-Japan Symposium on Tsunami Disaster Mitigation and the Fifteenth International Workshop on Coastal Disaster Prevention,invited, Tokyo, January 12, 2016
  17. 東日本大震災における宮城県志津川湾の藻場消失に及ぼした津波土砂移動の影響,山下啓,菅原大助,今村文彦,高橋智幸,平成27年度東北地域自然災害科学研究集会,福島市,2016年1月9日

Lectures in 2015

  1. Role of sediment transport model to improve the tsunami numerical simulation, Daisuke Sugawara, Kei Yamashita, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, AGU 2015 Fall Meeting, NH13E-01, invited, San Francisco, December 14, 2015
  2. 東日本大震災での津波被害を踏まえた今後の企業防災,高橋智幸,第6回東京シンポジウム,企業・組織の “強靭化”をどう進めるか~減災社会の未来構想~,招待講演,東京,2015年12月11日
  3. Tsunami Mitigation Measures Menu, Tomoyuki Takahashi, Kenji Harada and Kentaro Imai, the Fifth Chile-Japan Joint Symposium on Tsunami Disaster Mitigation, invited, Santiago, October 29, 2015
  4. Sediment transport modeling of multiple grain sizes in V-shaped valley of Numanohama during the 2011 Tohoku tsunami,Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi,日本地震学会2015年度秋季大会,S17-18,神戸市,2015年10月28日
  5. 大阪を襲う巨大津波を知り,そして備える ―東日本大震災での津波被害を踏まえて―,高橋智幸,関西大学おおさか文化セミナー,招待講演,吹田市,2015年10月13日
  6. 防災情報を市民に伝え,そして使ってもらうための技術開発 ―東日本大震災での津波被害を踏まえて―,高橋智幸,日本工営株式会社中央研究所研究開発成果発表会,招待講演,つくば市,2015年10月7日
  7. 仮想津波観測実験に基づく海洋レーダ津波検知距離の検討,藤良太郎,日向博文,藤井智史,片岡智哉,高橋智幸,日本海洋学会秋季大会,松山市,2015年9月27日
  8. Sediment transport modeling of multiple grain sizes in V-shaped valley of Numanohama during the 2011 Tohoku tsunami, Aditya Riadi Gusman, Kenji Satake, Tomoko Goto and Tomoyuki Takahashi, Arthur Holmes Meeting 2015 Tsunami Hazards and Risks: Using the Geological Record, London, September 25, 2015
  9. 大分県龍神池の津波堆積物形成過程に関する数値的検討,今井健太郎,菅原大助,高橋智幸,第33回日本自然災害学会学術講演会,II-8-5,山口市,2015年9月24日
  10. 津波評価小委員会の活動について,高橋智幸,土木学会全国大会研究討論会「東北地方太平洋沖地震津波を踏まえた津波評価技術」,招待講演,岡山市,2015年9月16日
  11. Experiment on morphology change caused by tsunami intrusion into lake, Yuta Mitobe, Kentaro Imai, Yuta Hirakawa and Tomoyuki Takahashi, the 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, IUGG-5058, Prague, Czech Republic, June 29, 2015
  12. Comparison of fixed and movable bed conditions in tsunami modeling aimed at disaster mitigation measures, Tomoyuki Takahashi and Yu Morishita, the 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, JP05p-027, Prague, Czech Republic, June 29, 2015
  13. Hydraulic experiment on water surface fluctuation generated by underwater shaking table, Takehiro Fujihara and Tomoyuki Takahashi, the 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, JP05p-025, Prague, Czech Republic, June 29, 2015
  14. Tsunami numerical simulation and application of fragility curves for building damage estimation in Iquique, Chile, Erick Mas, Luisa Urra, Bruno Adriano, Rafael Aranguiz, Shunichi Koshimura, Yuji Yagi, Tomoyuki Takahashi, Rodrigo Cienfuegos and Takashi Tomita, the 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, JP05p-010, Prague, Czech Republic, June 29, 2015
  15. The development of Augmented Reality visualization technology for tsunami risks with a camera-embedded eyeglass, Kameda, Chisa and Tomoyuki Takahashi, the 26th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, JP05p-008, Prague, Czech Republic, June 29, 2015
  16. 津波減災:総合的な減災施策とその評価方法のデザインに向けて,高橋智幸,第51回土木計画学研究発表会,招待講演,福岡市,2015年6月7日
  17. 短波海洋レーダによる津波観測のためのノイズ軽減手法の開発,片岡智哉,藤良太郎, 日向博文,永松宏,小笠原勇,伊藤浩之,高橋智幸,日本リモートセンシング学会第58回学術講演会,千葉市,2015年6月3日
  18. サンゴ再生に用いるモルタル基盤の電気抵抗性の評価,平井孝明,竹田眞義,鶴田浩章,高橋智幸,徳重英信,上田尚史,土木学会関西支部年次学術講演会,寝屋川市,2015年5月30日
  19. 大すべり域,超大すべり域,破壊開始点および地震規模の不確かさを考慮した多数津波シナリオの提案と南海トラフへの適用例,門廻充侍,高橋智幸,2015年日本地球惑星科学連合大会,HDS27-P15,千葉市,2015年5月27日
  20. 津波堆積物に関する水理実験および数値計算の現状と課題 ―津波波源推定に向けて―,高橋智幸,日本地球惑星科学連合2015年大会,MIS25-11,招待講演,千葉市,2015年5月24日
  21. 耐津波工学の実践と課題,高橋智幸,原子力安全のための耐津波工学の体系化に関する調査委員会報告会,招待講演,東京,2015年4月15日
  22. 津波防災におけるシミュレーションの役割,高橋智幸,講演会「次世代型都市シミュレーションによる防災・減災」,招待講演,神戸市,2015年3月19日
  23. 東日本大震災を踏まえてこれからの津波防災を考える ~これまでの安全審査に不足している視点~,高橋智幸,原子力規制庁勉強会,招待講演,東京,2015年3月12日
  24. 沿岸湖沼に突入する津波の水理特性に関する基礎実験,平川雄太,今井健太郎,会田俊介,高橋智幸,今村文彦,土木学会東北支部技術研究発表会,仙台市,2015年3月9日
  25. 天然ゼオライトを用いたサンゴ育成用基盤モルタルの導電性,勝間田成,徳重英信,山森澪夕,高橋智幸,鶴田浩章,土木学会東北支部技術研究発表会,仙台市,2015年3月9日
  26. 京による津波土砂移動・地形変化のシミュレーションの開発 ― 成果と課題,菅原大助,山下啓,高橋智幸,今村文彦,地震津波シミュレーションワークショップ~最新研究成果を問う~,東京,2015年2月13日
  27. 南海トラフ巨大地震に備える,高橋智幸,阪神・淡路大震災20年シンポジウム,招待講演,大阪市,2015年1月17日

Lectures in 2014

  1. イースター島での津波被害調査速報,高橋智幸,八木勇治,高川智博,Erick Mas,第4回巨大津波災害に関する合同研究集会,仙台市,2014年12月25日
  2. Numerical Experiment on Observation Capabilities of Oceanographic Radar for Far Field Tsunami Off Chile, Megumi Okamoto, Tomoyuki Takahashi, Shuji Seto, Hirofumi Hinata and Tomoya Kataoka, AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December 16, 2014
  3. Model of Predicting Multi Tsunami Scenarios Considering Large Slip Zone and Super Large Slip Zone and Its Application in the Nankai Trough, Shuji Seto and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December 15, 2014
  4. 2011 Tohoku tsunami runup hydrographs, ship tracks, upriver and overland flow velocities based on video, LiDAR and AIS measurements, Hermann M Fritz1, David A Phillips, Akio Okayasu, Takenori Shimozono, Haijiang Liu, Seiichi Takeda, Fahad Mohammed, Vassilios Skanavis, Costas Synolakis and Tomoyuki Takahashi, AGU Fall Meeting, San Francisco, USA, December 15, 2014
  5. 市街地への津波氾濫による人的被害の軽減策,高橋智幸,土木学会トークサロン:東日本大震災復興フォローアップセミナー,招待講演,東京,2014年12月15日
  6. これまでの津波防災の問題点と今後の方向性を考える―東日本大震災における津波被害を踏まえて―,高橋智幸,近畿地方治水大会講演,招待講演,大阪市,2014年11月7日
  7. 東日本大震災で示された従来の津波防災の問題点と方向性―グローバルスタンダードとなり得る津波防災技術の提案―,高橋智幸,三菱電機株式会社講演会,招待講演,尼崎市,2014年10月23日
  8. 原子力安全と津波,高橋智幸,土木学会全国大会研究討論会,招待講演,豊中市,2014年9月12日
  9. 原子力発電所周辺地域における防災・減災の推進,松山昌史,佐藤愼司,高橋智幸,有川太郎,山田博幸,第14回日本地震工学シンポジウム,OS 9‒Sat‒PM1‒6,千葉市,2014年12月6日
  10. 東日本大震災を踏まえた大規模自然災害への備え,高橋智幸,原子力災害・大規模災害後の環境対策セミナー,招待講演,大阪市,2014年8月22日
  11. 2011 Tohoku Tsunami Runup Hydrographs, Overland Flow Velocities and Ship Tracks Based on Video and LiDAR Measurements, Hermann Fritz, David Phillips, Akio Okayasu, Takenori Shimozono, Haijiang Liu, Seiichi Takeda, Fahad Mohammed, Vassilis Skanavis, Costas Synolakis and Tomoyuki Takahashi, Asia Oceania Geosciences Society 11th Annual Meeting, OS16‒A033, Sapporo, July 31, 2014
  12. 短波海洋レーダによる船舶の測距測角結果,鈴木信弘,若山俊夫,小林立範,中西孝行,高橋智幸,藤井智史,花土弘,日向博文,電子情報通信学会2014年総合大会,新潟市,2014年3月19日
  13. 津波レーダの開発に向けて~津波警報の信頼性向上と激甚被災地の早期把握を目指して~,高橋智幸,G空間情報を活用した次世代防災・被災地支援システム研究会第3回シンポジウム,招待講演,高槻市,2014年3月12日
  14. 土砂移動数値計算を用いた仙台平野における津波堆積物の再現性に関する検討,橋本康平,後藤和久,菅原大助,今村文彦,高橋智幸,土木学会東北支部技術研究発表会,八戸市,2014年3月8日
  15. 天然ゼオライト混和モルタルの電気抵抗率に及ぼす配合要因,大高理美,徳重英信,山森澪夕,高橋智幸,鶴田浩章,土木学会東北支部技術研究発表会,八戸市,2014年3月8日
  16. Numerical modeling on tsunami inundation with detailed urban model and its visualization by using AR technology, Chisa Kameda and Tomoyuki Takahashi, 2014 Ocean Sciences Meeting, Honolulu, USA, February 28, 2014
  17. Upgrading Tsunami Warning by Using the GPS-Mounted Buoys in the Nankai Trough, Shuji Seto, Tomoyuki Takahashi and Yoshinari Hayashi, 2014 Ocean Sciences Meeting, Honolulu, USA, February 28, 2014
  18. Numerical experiment on far field and near field tsunamis concerning Oceano- graphic Radar observation, Megumi Okamoto, Shuji Seto, Tomoyuki Takahashi and Hirohumi Hinata, 2014 Ocean Sciences Meeting, Honolulu, USA, February 27, 2014
  19. Influence of integration time on the accuracy of estimation of tsunami initial sea surface elevation based on inversion using oceanographic radar, Ryotaro Fuji, Hirohumi Hinata, Satoshi Fujii and Tomoyuki Takahashi, 2014 Ocean Sciences Meeting, Honolulu, USA, February 27, 2014

Lectures in 2013

  1. 海洋レーダを利用した津波波源逆推定に対する影響要因の検討,藤良太郎,日向博文,藤井智史,高橋智幸,九州大学応用力学研究所共同研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」,福岡市,2013年12月18日
  2. MF帯/HF帯地上波伝搬特性の予測と実測,西岡泰弘,小林立範,中西孝行,稲沢良夫,宮下裕章,高橋智幸,藤井智史,花土弘,日向博文,九州大学応用力学研究所共同研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」,福岡市,2013年12月18日
  3. Tsunami characteristics and formation potential of sandy tsunami deposit in Sanriku Coast: implications from numerical modeling, Daisuke Sugawara, Tsuyoshi Haraguchi and Tomoyuki Takahashi, Americaln Geophysical Union Fall Meeting, NH51D‒02, San Francisco, USA, December 9-13, 2013
  4. 自立型防災教育を実現するための教材の提供~専門家に頼りすぎない防災教育を目指して~,高橋智幸,「生きる力」市民運動化プロジェクトシン ポジウム,招待講演,高槻市,2013年12月6日
  5. 東日本大震災による津波被害を踏まえてこれからの津波防災を考える,高橋智幸,平成25年度地震解説業務研修,招待講演,大阪市,2013年11月21日
  6. 東日本大震災での津波被害を踏まえて今後の津波防災を考える,高橋智幸,第18回沖縄の土木技術を世界に発信する会シンポジウム,招待講演,那覇市,2013年11月20日
  7. HF帯海上伝搬特性の予測と実測,西岡泰弘,小林立範,中西孝行,稲沢良夫,宮下裕章,高橋智幸,藤井智史,花土弘,日向博文,電気学会第42回電磁界理論シンポジウム,三沢市,2013年11月14‒16日
  8. 津波防災の今後の技術の方向性―観測,警報,防災情報―」,高橋智幸,第60回海岸工学講演会前日シンポジウム,招待講演,福岡市,2013年11月12日
  9. ARを使用した東北地方太平洋沖地震津波に関する現地調査結果の可視化,伊豆隆太郎,熊谷健蔵,梅本拓馬,高橋智幸,住吉賢一,日本災害情報学会第15回研究発表大会,桐生市,2013年10月26‒27日
  10. 防災教育を目的としたARハザードマップアプリケーションの開発,梅本拓馬,高橋智幸,熊谷健蔵,伊豆隆太郎,川上晋也,日本災害情報学会第15回研究発表大会,桐生市,2013年10月26‒27日
  11. 2011年東北地方太平洋沖地震津波で形成された気仙沼西湾口部デューンの経時変化,佐藤正孝,原口強,渡邊 康司,川﨑千晴,高橋智幸,平成25年度日本応用地質学会研究発表会,名古屋市,2013年10月24‒25日
  12. 2011年 東北地方太平洋沖地震津波により変化した気仙沼「十八鳴浜・九九鳴き浜」前面の海底地形調査,柳瀬洋輝,原口強,渡邊 康司,川﨑千晴,佐藤正孝,高橋智幸,平成25年度日本応用地質学会研究発表会,名古屋市,2013年10月24‒25日
  13. 2011年東北地方太平洋沖地震津波後2年間の気仙沼港内における地形変化,川﨑千晴,原口強,渡邊 康司,佐藤正孝,高橋智幸,平成25年度日本応用地質学会研究発表会,名古屋市,2013年10月24‒25日
  14. Sediment transport by the 2011 Tohoku‒oki tsunami at Sendai Plain: implications from numerical simulation, Daisuke Sugawara, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, 2nd G‒EVER International Symposium and the 1st IUGS & SCJ International Workshop on Natural Hazards,Sendai, October 19-20, 2013
  15. 津波防災の問題点と今後の方向性 ―東北地方太平洋沖地震による津波被害を踏まえて―,高橋智幸,鹿児島大学先端科学特別講義,招待講演,鹿児島市,2013年10月2日
  16. Velocity Fields of Propagating Tsunami Wave and Subsequent Resonant Oscillation Revealed by Oceanographic Radars in the Kii Channel, Japan, Hirofumi Hinata, Ryotaro Fuji, Satoshi Fujii, Takahiro Kokai, Hiroshi Nagamatsu and Tomoyuki Takahashi, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  17. The basic study on tsunami reduction effect for the structures of submerged breakwater which is of the pyramid type, Kenzou Kumagai, Tomoyuki Takahashi and Tetsuya Hiraishi, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  18. Avoiding Underestimation of Tsunami Warning by Using the GPS‒Mounted Buoys in the Nankai Trough, Tomoyuki Takahashi, Shuji Seto and Yoshinari Hayashi, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  19. Influence of Integration Time on Tsunami Inversion by Oceanographic Radar, Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata, Satoshi Fujii and Tomoyuki Takahashi, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  20. Investigating tsunami sediment transport: a numerical modeling on the 2011 Tohoku‒oki tsunami, Daisuke Sugawara, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  21. Characteristics of Measured and Computed Bathymetry Changes Due to the 1960, 2010 and 2011 Tsunamis, Yu Morishita, Tomoyuki Takahashi and Tsuyoshi Haraguchi, International Tsunami Symposium 2013, Gocek, Turkey, September 25-28, 2013
  22. Real Time Estimation of Tsunami Source Magnitude by the GPS‒mounted Buoys in the Nankai Trough, Shuji Seto, Tomoyuki Takahashi and Yoshinari Hayashi, Asia Oceania Geosciences Society 10th Annual Meeting, IG05‒04‒24‒D3‒PM2‒M2‒004, Brisbane, Australia, June 26, 2013
  23. 東北沖地震の津波による堆積物形成の数値シミュレーション,菅原大助,高橋智幸,今村文彦,2013年日本地球惑星科学連合大会,MIS25‒P05,千葉市,2013年5月19‒24日
  24. Numerical investigation of tsunami sedimentation; a preliminary result from the 2011 Tohoku‒oki tsunami at Sendai Plain, Daisuke Sugawara, Tomoyuki Takahashi and Fumihiko Imamura, Western Pacific Sedimentology Meeting, 2013WPSM‒S1.1‒O3, Taiwan, May 13-17, 2013
  25. 2011 Tohoku tsunami hydrographs, currents, flow velocities and ship tracks based on video and TLS measurements, Fritz, Hermann M. David A. Phillips, Akio Okayasu, Takenori Shimozono, Haijiang Liu, Seiichi Takeda, Fahad Mohammed, Vassilis Skanavis, Costas E. Synolakis and Tomoyuki Takahashi, European Geosciences Union General Assembly 2013, EGU2013‒12732, Austria, April 7-12, 2013
  26. 観測とシミュレーションを連携させた新たな津波防災,高橋智幸,日本地震工学会防災講習会,招待講演,東京,2013年1月24日

Lectures in 2012

  1. 東日本大震災に学ぶこれからの津波防災,高橋智幸,毎日新聞社震災危機管理セミナー,招待講演,大阪市,2012年12月17日
  2. 津波観測のための海洋レーダの改良,伊藤浩之・日向博文・高橋智幸・藤井智史・花土弘・川相隆・小笠原勇,九州大学応用力学研究所共同研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」,福岡市,2012年12月13日
  3. Velocity fields of propagating tsunami wave and subsequent resonant oscillation revealed by oceanographic radars in the Kii channel, Japan, Hirofumi Hinata, Ryotaro Fuji, Satoshi Fujii, Tomoya Kataoka, Tahahiro Kokai, Nobutoshi Kanatsu and Tomoyuki Takahashi, 九州大学応用力学研究所共同研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」,福岡市,2012年12月12日
  4. Tsunami Waveform Inversion based on Oceanographic Radar Data, Ryotaro Fuji, Hirofumi Hinata and Tomoyuki Takahashi, 九州大学応用力学研究所共同研究集会「海洋レーダを用いた海況監視システムの開発と応用」,福岡市,2012年12月12日
  5. Damage due to the 2011 Tohoku Tsunami, Tomoyuki Takahshi, the Tenth International Workshop on Coastal Disaster Prevention and The First Japan-Chile Joint Workshop on Tsunami Disaster Mitigation, invited, Santiago, Chile, December 11, 2012
  6. Damage due to the 2011 Tohoku Earthquake and its Tsunami, Tomoyuki Takahashi, Techno-Ocean 2012, invited, Kobe, November 19, 2012
  7. Nationwide Field Survey of the 2011 Off Pacific Coast of Tohoku Earthquake Tsunami, The 2011 Tohoku Earthquake Tsunami Joint Survey Group, 第59回海岸工学講演会,U02,広島市,2012年11月15日
  8. 南海トラフ大地震の想定被害とその対策について,高橋智幸,国土交通省神戸運輸監理部安全防災講習会,招待講演,神戸市,2012年10月19日
  9. 東日本大震災における津波被害を教訓として関西の今後の津波防災を考える,高橋智幸,関西地質調査業協会東日本大震災における津波被害を教訓 として関西の今後の津波防災を考える」講演会,招待講演,大阪市,2012年10月11日
  10. 東海・東南海・南海地震に備えて,高橋智幸,大阪府営港湾防災セミナー,招待講演,泉大津市,2012年9月28日
  11. Importance of Wind Wave Effect on Validation of Tsunami Sediment Transport Model, Prasanthi RANASINGHE, Kazuhisa GOTO, Tomoyuki TAKAHASHI and Fumihiko IMAMURA, the 8th APRU Research Symposium on Multi-hazards around the Pacific Rim, Sendai, September 21, 2012
  12. 津波評価および解析手法の現状と課題,高橋智幸,日本原子力学会2012年秋の大会,招待講演,東広島市,2012年9月20日
  13. 東日本大震災で示された問題点を踏まえて今後の津波防災を考える,高橋智幸,中電技術コンサルタント株式会社特別講演会,招待講演,広島市,2012年9月4日
  14. 海洋レーダ観測データに基づく副振動解析と波源インバージョン,藤良太郎・日向博文・高橋智幸,日本海洋学会2012年度秋季大会,静岡市,2012年9月13-17日
  15. Relationshio Between Tsunami Sources and the GOS-mounted Buoys In the Nankai Trough, Shuji SETO, Keisuke MIZUTA, Rikito HISAMATSU and Tomoyuki TAKAHASHI, Asia Oceania Geosciences Society and American Geophysical Union (WPGM) Joint Assembly 2012, Singapore, August 16, 2012
  16. Numerical Modeling of Bathymetry Change Due to the 2011 Tohoku Tsunami in Kesennuma Bay, Miyagi, Japan, Tomoyuki TAKAHASHI, Tsuyoshi HARAGUCHI, Yuu MORISITA and Rikito HISAMATSU, Asia Oceania Geosciences Society and American Geophysical Union (WPGM) Joint Assembly 2012, Singapore, August 16, 2012
  17. Geomorphic Changes Associated with Tsunami Inflow and Backflow, Prasanthi Lanka RANASINGHE, Kazuhisa GOTO, Tomoyuki TAKAHASHI, Jun TAKAHASHI, Fumihiko IMAMURA, Asia Oceania Geosciences Society and American Geophysical Union (WPGM) Joint Assembly 2012, Singapore, August 16, 2012
  18. Groundwater/Surface Water Exchange in Tsunami Affected Areas in Japan Ecological and Societal Significance, Yevgeniy KONTAR, Peter SWARZENSKI, Adina PAYTAN, Ramesh SINGH, Gwynne RIFE, Bethany HENDERSON-DEAN, Timothy MURPHY, Hiro KAWAMURA, Koji FUJIMA, Yosuke YAMASHIKI, Shunichi KOSIMURA, Tomoyuki TAKAHASHI, Swadhin BEHERA, Vicente SANTIAGO-FANDINO, Yih-ChiTAN, DanLing TANG, Viacheslav GUSIAKOV, Yuriy OZOROVICH, Tom GLEESON, Asia Oceania Geosciences Society and American Geophysical Union (WPGM) Joint Assembly 2012, Singapore, August 15, 2012
  19. 2011 Japan Tsunami Measurements from Videos Recorded by Survivors at Evacuation Sites Using LiDAR, Hermann FRITZ, David PHILLIPS, Akio OKAYASU, Takenori SHIMOZONO, Haijiang LIU, Fahad MOHAMMED, Vassilis SKANAVIS, Costas SYNOLAKIS and Tomoyuki TAKAHASHI, Asia Oceania Geosciences Society and American Geophysical Union (WPGM) Joint Assembly 2012, Singapore, August 15, 2012
  20. 気仙沼港における災害直後の海底地形調査,柳瀬洋輝・佐藤正孝・佐々木いたる・原口強・高橋智幸,第23回海洋工学シンポジウム,OES23-096,東京,2012年8月2日
  21. 古い津波堆積物に対する土砂移動モデルの適用性の検討,菅原大助・今村文彦・高橋智幸,2012年日本地球惑星科学連合大会,MIS25-14,千葉市,2012年5月20日
  22. 2011 Japan tsunami survivor video based hydrograph and flow velocity measurements using LiDAR, H. M. Fritz, D. A. Phillips, A. Okayasu, T. Shimozono, H. Liu, F. Mohammed, V. Skanavis, C. E. Synolakis and T. Takahashi, European Geosciences Union General Assembly 2012, EGU2012-13168, Austria, April 24, 2012
  23. 東日本大震災での津波被害を踏まえた今後の津波防災,高橋智幸,第59回福井地域地盤研究会,招待講演,福井市,2012年4月12日
  24. 新たな東海・東南海・南海地震による津波予測及び津波被害について,高橋智幸,第6回大規模災害セミナー,招待講演,大阪市,2012年4月6日
  25. 津波のメカニズムを探る~来たる巨大地震に備えて,高橋智幸,サイエンス映像学会第5回大会,招待講演,東京,2012年3月27日
  26. 津波観測技術の現状と課題 ~今後の津波防災への利用法を考える~,高橋智幸,東北地方太平洋沖地震による津波災害特別調査研究委員会第3回報告会,招待講演,吹田市,2012年3月16日
  27. 観測とシミュレーションの連携による津波防災情報の高度化,高橋智幸,東日本大震災 あれから1年そしてこれから~巨大災害と社会の安全~,招待講演,東京,2012年3月6日
  28. 東日本大震災を踏まえた津波予測の課題,高橋智幸,海洋研究開発機構地震津波課題ワークショップ~東北地方太平洋沖地震を踏まえて~,招待講演,神戸市,2012年2月27日
  29. 東北地方太平洋沖地震による津波被害の実際とそれを踏まえた今後の津波防災,高橋智幸,東南海・南海地震防災セミナー,招待講演,大阪市,2012年2月9日
  30. 東日本大震災を踏まえた新たな津波観測技術の提案,高橋智幸,第16回関西大学先端科学技術シンポジウム,招待講演,吹田市,2012年1月24日
  31. 東日本大震災での津波被害と関西における今後の津波防災,高橋智幸,第535回大阪一水会例会,招待講演,大阪市,2012年1月18日
  32. 東日本大震災の被害と東海・東南海・南海地震津波,高橋智幸,平成23年度第1回東海・東南海・南海地震津波研究会,招待講演,大阪市,2012年1月13日
  33. 東日本大震災から考える津波防災対策,高橋智幸,大震災フォーラム,招待講演,徳島県美波町,2012年1月8日

Lectures in 2011

  1. 津波による砂移動に関する数値シミュレーションの現状と課題,高橋智幸,日本堆積学会2011年長崎大会,招待講演,長崎市,2011年12月24日
  2. 東日本大震災を踏まえた東南海・南海地震における地震津波対策,高橋智幸,兵庫県建設技術研究発表会,招待講演,神戸市,2011年12月22日
  3. 2011 Japan tsunami current and flow velocity measurements from survivor videos using LiDAR, AGU Fall Meeting 2011, San Francisco, USA, December 5, 2011
  4. Field Investigation and Analysis of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami, AGU Fall Meeting 2011, invited, San Francisco, USA, December 5, 2011
  5. 東北地方太平洋沖地震津波による岩手県・宮城県での津波高と被害の関係,第30回日本自然災害学会学術講演会,東京,2011年11月17日
  6. 東日本大震災を踏まえて今後の津波防災を考える,高橋智幸,社団法人日本河川協会北陸河川技術研修,招待講演,新潟市,2011年11月16日
  7. 今回の津波の特性,高橋智幸,第58回海岸工学講演会前日シンポジウム,招待講演,盛岡市,2011年11月12日
  8. 津波に強い街づくりについて,高橋智幸,社会基盤の超長寿命化を考える日本会議第3回啓発セミナー「東日本大震災から7ヶ月-復興に向けて必要なものは」,招待講演,東京,2011年10月14日
  9. パネルディスカッション:数千年に一度の事象に対する巨大複雑システムの安全性確保について,高橋智幸,日本学術会議第7回構造物の安全性・信頼性に関する国内シンポジウム,招待講演,東京,2011年10月13日
  10. パネルディスカッション:地盤情報と広域防災を考える,高橋智幸,KG-NET・関西圏地盤研究会「地盤情報と広域防災を考える ― 和歌山平野を例として― 」講習会,招待講演,大阪市,2011年9月30日
  11. 東日本大震災の被災状況を踏まえた堺市における今後の津波対策の留意点,高橋智幸,第1回堺市津波避難対策検討協議会,招待講演,堺市,2011年9月26日
  12. 東北地方太平洋沖地震による津波 ~被害の実態と防災上の課題~,高橋智幸,減災報道勉強「関西なまずの会」合宿勉強会,招待講演,高槻市,2011年9月19日
  13. WG1からの報告,高橋智幸,土木学会津波特定テーマ委員会第3回報告会,招待講演,東京,2011年9月14日
  14. 東北地方太平洋沖地震津波から考える防災のあり方について,高橋智幸,徳島県県土整備部トップセミナー,招待講演,徳島市,2011年9月6日
  15. 津波災害と防災 -東日本大震災を踏まえて-,高橋智幸,第266回関西建築技術研究会,招待講演,大阪市,2011年9月5日
  16. 東日本大震災の特徴と関西におけるこれからの津波防災,高橋智幸,関西ライフライン研究会第90回定例研究会,招待講演,大阪市,2011年8月31日
  17. 東日本大震災の特徴と今後の津波防災,平成23年度非破壊検査に関する研究発表会,招待講演,大阪市,2011年8月23日
  18. Hydraulic experiment on suspended load due to tsunamis with various sand grain size, Asia Oceania Geosciences Society Geosciences World Community Exhibition, Taipei, August 11, 2011
  19. 東日本大震災の特徴と今後の津波防災,高橋智幸,三重県町村会自治研究会,招待講演,津市,2011年8月2日
  20. 吹田市と津波,津波のメカニズムと防災について,高橋智幸,吹田市立博物館 災害と環境 講演会,招待講演,吹田市,2011年7月24日
  21. 東日本大震災の特徴と今後の津波防災における課題,高橋智幸,大谷啓衆議院議員座談会,招待講演,太子町,2011年7月23日
  22. 東北大太平洋沖地震津波に関する現地調査報告,高橋智幸,RCUSSオープンゼミナール,招待講演,神戸市,2011年7月15日
  23. Numerical Experiment of Sediment Transport and a Case Study of Sediment Transport Simulation of the 2004 Indian Ocean Tsunami in Lhoknga, Banda Aceh,Indonesia, the 25th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, Merbourne, July 4, 2011
  24. Numerical modeling for the remarkable bathymetric change by the 2004 Indian Ocean tsunami at Kirinda Harbor, Sri Lanka, the 25th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, Merbourne, July 3, 2011
  25. Post-tsunami field survey of the 2011 Tohoku Earthquake Tsunami, the 25th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, invited, Merbourne, July 3, 2011
  26. Hydraulic Experiment On Bed Load Due To Tsunamis With Various Sand Grain Size, the 25th International Union of Geodesy and Geophysics General Assembly, Merbourne, July 1, 2011
  27. 津波に関する特別講義,高橋智幸,原子力安全システム研究所 津波に関する特別講義,招待講演,大阪市,2011年6月14日
  28. 津波による土砂移動の粒径依存性に関する水理実験,黒川貴博,藤田将孝,高橋智幸,島田広昭,平成23年度土木学会関西支部年次学術講演会,吹田市,2011年6月12日
  29. 水害を知る~水害のメカニズムと被害~,関西大学社会安全学部公開講座「高槻市と安全」第4回総合テーマ「水害と安全」,招待講演,高槻市,2011年6月4日
  30. 津波防災の現状と今後,高橋智幸,第5回 関西安全・安心を支える科学技術推進会議,招待講演,大阪市,2011年6月1日
  31. 津波の規模と特徴,土木学会関西支部東北地方太平洋沖地震による津波災害特別調査研究委員会キックオフ報告会,招待講演,大阪市,2011年5月30日
  32. 海洋レーダを利用した津波発生検知および津波伝播観測システムの開発,高橋智幸,関西大学第75回記者懇談会,招待講演,吹田市,2011年5月27日
  33. 津波のメカニズムと特性,東日本大震災に関する緊急シンポジウム,招待講演,高槻市,2011年3月30日
  34. 津波災害予測研究の最前線,高橋智幸,応用地質学会関西支部平成22年度技術講習会「南海地震に伴う地震・津波災害予測研究の最前線と防災対策」,招待講演,大阪市,2011年1月27日

Lectures in 2010

  1. Comparison of Tsunami height Distributions of the 1960 and the 2010 Chilean Earthquakes on the Coasts of the Japanese Islands, AGU Fall Meeting 2010, San Francisco, USA, December 14, 2010
  2. 実際の津波災害から今後の津波防災を考える,高橋智幸,第14回近畿中部防衛局防衛問題セミナー,招待講演,四日市市,2010年12月18日
  3. 津波,高橋智幸,大規模災害対策研究機構,第5回大規模災害セミナー,招待講演,高槻市,2010年12月2日
  4. 洪水被害の実際と日頃の備え~敵を知り,己を知らば,百戦危うからず~,高橋智幸,京都中部広域消防組合防災講演会,招待講演,亀岡市,2010年11月5日
  5. 津波,高橋智幸,東京都市大学特別講座 原子力耐震工学,招待講演,東京,2010年11月1日
  6. 津波防災の現状と残された課題,高橋智幸,沿岸技術研究センター講演会 in Kobe,招待講演,神戸市,2010年10月14日
  7. 津波被害の実際と防災上の課題,高橋智幸,三重県防災会議,招待講演,津市,2010年6月29日
  8. 津波による被害の実際とその解析,高橋智幸,大規模災害対策研究機構理事会及び総会,招待講演,大阪市,2010年5月31日
  9. 2010年チリ中部地震津波の日本沿岸における緊急調査結果,2010年日本地球惑星科学連合大会,千葉市,2010年5月23日
  10. Modeling of the sediment transport by the 2004 Sumatra-Andaman tsunami in Lhoknga, Banda Aceh, Indonesia, the 3rd International Tsunami Field Symposium, Sendai, April 10, 2010
  11. 流力振動を用いた小型水力発電に関する実験と数値計算,土木学会東北支部技術研究発表会,郡山市,2010年3月6日
  12. 津波および洪水による被害の実際と今後の防災,高橋智幸,秋田県平成21年度第2回危機管理専門研修,招待講演,潟上市,2010年1月14日