For students

2022年度の専門演習の履修予定者へ
高橋研で研究をしたい方へ
研究室の運営
全体ゼミ
個別ゼミ
博士論文 予備審査(2021年度)


2022年度の専門演習の履修予定者へ

高橋研究室の説明資料は こちら

高橋研究室の研究紹介は こちら

高橋研究室の説明会は以下の予定で実施します。

 10月5日(火)12:15~12:55 M1001

 10月13日(水)12:15~12:55 M1001

 10月21日(木)12:15~12:55 Zoom
  https://zoom.us/j/97398427577?pwd=NUdOQS9uTytGZi9qTWVqbUNCTjJLdz09
  ミーティングID: 973 9842 7577
  パスコード: 894332

 10月29日(金)12:15~12:55 Zoom
  https://zoom.us/j/97398427577?pwd=NUdOQS9uTytGZi9qTWVqbUNCTjJLdz09
  ミーティングID: 973 9842 7577
  パスコード: 894332

高橋研究室のオフィスアワーは随時実施します。

 希望日時を tomot[at]kansai-u.ac.jp (送信する際は[at]を@に変更)へ連絡してください。


高橋研で研究をしたい方へ

高校生
 社会安全学部に入学し、高橋が担当する専門演習を3年次に履修してください。 質問や相談等がありましたら、遠慮なく連絡してください

社会安全学部の学生
 高橋が担当する専門演習を3年次に履修してください。 質問や相談等がありましたら、遠慮なく連絡してください

社会安全学部以外の学生
 社会安全研究科に入学し、高橋が担当する専攻演習を履修してください。 質問や相談等がありましたら、遠慮なく連絡してください

社会人
 社会安全研究科に入学し、高橋が担当する専攻演習を履修してください。 質問や相談等がありましたら、遠慮なく連絡してください。 特に、社会人のリカレント教育を重視していますので、仕事と両立ができるように、それぞれの状況に応じて柔軟に対応します。


研究室の運営

運営担当者
 ゼミ長:  山本遥平
 図書管理者:高橋佑介
 掃除責任者:山本遥平

ゼミ合宿や懇親会
 実施したい場合はゼミ長を中心にしっかりと計画を立てて、高橋へ申し出ること。 ただし、コロナの状況によっては許可できない場合もある。

コピーカード
 卒業論文、修士論文および博士論文に関する研究で使用する資料やゼミで配付する資料をコピーする場合は高橋研のコピーカードを使用することができる。 それ以外の用途では使用できない。 例えば、講義資料のコピーなどには使用できない。 コピーカードを使用できる用途であるかが不明な場合は高橋に確認すること。 不正使用があった場合は全員がコピーカードを使用できなくなるので気をつけること。

研究に必要な物品の購入
 研究に必要な備品、消耗品、書籍等は研究室の予算で購入するので、遠慮なく高橋へ申し出ること。メール または LINE でもよい。 ただし、立替え払いはできず、業者に発注することになるため、早めに申し出ること。

物品の借用
 研究室の物品(書籍を除く)を借用する場合は 借用書 に記入し、高橋へ提出すること。書籍を借用する場合は、書棚にある図書貸出表に記入すること。

高橋研ルール

  1. 大学や企業等への提出物で高橋に確認して欲しいものは、締め切りの一週間前に高橋へ依頼する。
  2. 研究ノート(A4サイズ)をつける。研究ノートがなくなった場合は秘書から受け取る。
  3. パワーポイントを作成する際の条件。背景なし、文字はゴシック(游ゴシック Mediumを推奨)またはArialの20ポイント以上、スライド番号を入れる、アニメーションは使用しない(大学院生はアニメーションを使用可)。
    パワーポイントのテンプレート(4:3サイズ版)
    パワーポイントのテンプレート(16:9サイズ版)
  4. 図面はすべて英語で作成する。
  5. 実験は安全のために複数で行う。
  6. 各種発表会などの高橋研が関係する行事を欠席する場合は、事前に高橋の許可を得る。

全体ゼミ

高橋研の全学生が集まって、研究発表や質疑応答を行うゼミ。

全体ゼミのスケジュールは以下の通り。名前は発表者、()内は発表内容。1列目に「○」が入っている日が全体ゼミ、それ以外は研究関連の行事や締切など。

9月16日(木)予備審査準備会(鷲田)
9月21日(火)石田・金井・高橋佑・山本・吉田(夏休み中の成果発表)
9月28日(火)石田・金井・高橋佑・山本
10月4日(月)専門演習発表会概要(ドラフト)の研究室内提出締め切り(B3全員、17:00、LINE)
10月5日(火)石田・金井・高橋佑・山本・吉田
10月12日(火)石田・金井・高橋佑・山本
10月18日(月)専門演習発表会概要の研究室内提出締め切り(B3全員、17:00、LINE)
10月19日(火)石田・金井・山本・吉田
10月26日(火)石田・金井・高橋佑・山本(専門演習発表会の選考会リハ)
10月29日(金)第1回予備審査(鷲田)
11月2日(火)専門演習発表会の選考会(B3全員)
11月10日(水)専門演習発表会概要の提出締め切り(代表者、17:00、関大LMS)
11月15日(月)客員教授講演会「阪神・淡路大震災に学ぶ災害からの復興」林春男先生
11月16日(火)石田・金井・山本(通常発表)、高橋佑(専門演習発表会リハ)
11月17日(水)専門演習発表会(B3全員出席)
11月26日(金)合同ゼミ
12月7日(火)石田・金井・高橋佑・山本
12月14日(火)石田・金井・高橋佑・山本
12月21日(火)石田・金井・高橋佑・山本
12月23日(木)口頭試問(鷲田)
1月11日(火)石田・金井・高橋佑・山本
1月18日(火)石田・金井・高橋佑・山本
2月16日(水)修士論文口頭試問・発表会
2月18日(金)卒業研究発表会
2月22日(火)
〜3月8日(火)
卒業論文閲覧期間
3月17日(木)博士論文公聴会(鷲田)
3月19日(土)卒業式
3月22日(火)学位記(修士・博士)授与式

4月6日(火)イントロダクション
4月13日(火)3Dプリンタ勉強会(伊藤ゼミと合同)、吉田(中間発表会のスライド案)、高橋智(ゼミや研究室の運営に関する説明)
4月20日(火)高橋智(ゼミや研究室の運営に関する説明)、石田・金井・高橋佑・山本(卒論テーマについて、研究背景、研究目的、研究方法、期待される成果など)、吉田・鷲田(中間発表会リハ)
4月21日(水)修論・博論中間発表会(吉田・鷲田)
4月27日(火)石田・金井・高橋佑・山本
5月11日(火)石田・金井・高橋佑・山本
5月18日(火)石田・金井・高橋佑・山本
5月25日(火)石田・金井・山本
6月1日(火)石田・金井・高橋佑・山本
6月8日(火)【招待発表】「チタン基足場におけるポリプの密着プロセスのin-situ観察」上坂菜々子氏(関西大学 理工学研究科 化学生命工学専攻 M1)
【通常発表】石田・金井・高橋佑・山本・吉田
6月15日(火)石田・金井・山本
6月22日(火)石田・金井・高橋佑・山本
6月28日(月)客員教授講演会「災害対応力を高める仕組み」林春男先生
6月29日(火)石田・金井・高橋佑
7月6日(火)石田・高橋佑・山本・吉田
7月15日(木)客員教授講演会「津波被害軽減に向けた新しい試み-産官学の連携プロジェクトKAIZENなど」今村文彦先生
7月20日(火)石田・金井・高橋佑・山本・吉田・鷲田

個別ゼミ

個別に高橋と研究に関する打合せを行うゼミ。 場所はM1001。 随時受け付けるので、希望日時(火曜日〜金曜日の午後1時〜5時)を高橋へ メール または LINE で連絡すること。

(申し込み例)
個別ゼミをお願いします。
第1希望:4月3日(火)15:00
第2希望:4月4日(水)14:00


博士論文 予備審査(2021年度)

※博士論文査定の全体の流れは関大LMSを参照すること。 なお、同資料では、予備審査の期間は10月13日(水)〜12月20日(月)となっている。

9月9日(木)まで博士論文(ドラフト)を主査・副査(候補)へ送付
9月16日(木)予備審査準備会
10月上旬まで博士論文(案)を主査・副査へ送付
10月29日(金)第1回予備審査
11月中旬まで博士論文(案)を主査・副査へ送付
12月上旬第2回予備審査